沖縄の葬儀情報・葬儀社選びのお手伝い うちなー葬儀なび

沖縄旧盆まるっとおさらい

お盆は基本的に年度によって変わることがなく、毎年決まった時期に行われます。しかし、その時期は地域によって異なり、東京のほか一部地域は7月15日(新盆)、その他ほとんどの地域は8月15日(月遅れの盆)に行われるのが一般的です。その一方で沖縄や奄美では旧暦でお盆が行われるため、おおよそ8月20日頃、時には9月になることもあります。

その風習も地域差が大きく、地域ごとにさまざまな解釈が加えられ、独自の進化を遂げてきたことがうかがい知れます。特に沖縄では、他の地域に見られない独特の文化が根付いているため、はじめて経験する方にとっては戸惑いが大きいかも知れません。

ウンケー?ナカビ?

新暦でお盆を迎える地域は8月13日が迎え火、8月14日が中日、8月15日の送り火をもって盆明けとなります。沖縄では旧盆初日の7月13日はウンケー(お迎え)といい、祖先の霊を迎える日にあたります。翌7月14日をナカビ(中日)、もしくはナカヌヒ、最終日である7月15日はウークイ(お送り)といって、祖先を送り出す日となります。

 

沖縄の旧盆で知っておきたいアレコレ

旧暦でお盆を迎える沖縄には、他地域では見られない独自の風習が数多くあります。

お供え物に欠かせないさとうきび

お盆といえば、仏壇にフルーツやお菓子といった多くのお供え物を用意しますが、沖縄では「さとうきび」がマストアイテムになっています。これはご先祖様があの世に帰る際、「お疲れにならぬよう、転ぶことのないよう安全にお帰りいただきたい」という思いを込めて杖の代わりに用意しているのだとか。

あの世のお金=ウチカビ

ご先祖様があの世で豊かに暮らせるよう「ウチカビ(打紙)」を用意するのもお忘れなく。藁や古畳などを原料にした黄色の紙に、銭形の模様を槌付けたウチカビは冥銭の一種です。沖縄ではあの世で使うお金とされていて、ご先祖様があの世でお金に困らないようにとウークイの夜に燃やします。

地域に伝わる旧盆エイサー

沖縄のお盆の夜といえば旧盆エイサーですよね!毎年この時期になると居ても立ってもいられず、不思議とチムドンドンしてくるのは代々受け継がれるうちなーんちゅのDNA。観光イベントやお祭りでよく見かけるエイサーは、ご先祖様の霊を送迎するために念仏に歌と踊りをのせた念仏踊りがルーツといわれています。各地の青年会がエイサーを舞いながら町を練り歩く「みちじゅねー」は沖縄のお盆の風物詩ともいえる存在です。

 

最近では新暦でお盆行事を行うところも?

旧暦に基づいて各種行事が行われることの多い沖縄地方では、現在でも旧暦の7月13~15日にお盆を迎えますが、旧暦は月の満ち欠けによって暦を定めるため、新暦の何月何日にあたるかは年度によって異なります。そのため業務上の不都合などもあり、最近では他地域にあわせて新暦8月にお盆行事を行うところも増えてきているのだとか。それぞれの家庭の事情に合わせてより良いお盆が迎えられると良いですね!

沖縄のお盆・旧盆用品でおすすめのお店
●葬祭店